おまとめローンと債務整理どっちを選ぶ?

消費者金融などは、きちんと計画的に使えている間はとても便利でありがたいのですが、どんどん借り入れが増えてしまうともう手に負えなくなってしまうこともあります。

 

そんなときには、おまとめローンで借金を一本化する方法、そして債務整理で借金を整理する方法があります。目安は、もうどうしようもない!という場合は債務整理、自分でどうにかしようという場合はおまとめローンです。

 

どういう状況になったら債務整理を考えるべき?

手に負えない借金というのは、それぞれの人によって様々です。500万円くらいなら自力で返そうという人もいますが、それは収入によっても大きく変わります。

 

債務整理をすると、場合によっては、今後の借り入れに関して、5年から10年、審査がかなり通りにくくなるというデメリットが出てくることもあるので、そうした点が気になる場合や、自力で返せる、と感じているならおまとめローンを利用すると良いでしょう。

 

もし債務整理をするならどれ?

 

まずは任意整理から考える

債務整理というと、自己破産か?というイメージを持っている人もいますが、債務整理の方法にはいくつか種類があります。その中で最もメジャーで、さらに自由にカスタマイズできるのが任意整理です。業者との交渉によって決まるので、業者にそれを受けてもらわなければなりません。

 

たとえば、借金を減らしてほしい、というと意見が通りにくいですが、利息だけをカットして欲しい、といえば通りやすいですね。またCMで良く見かけるようになった、過払い金請求も、任意整理の一つです。業者は、相手を見ながら、これを受け入れなくても返せそうだな、ということや、これを受け入れないと自己破産するかもしれないぞ、などを考えながら、こちらの意見を聞いてくるわけです。

 

楽をしたいから任意整理、は無理

任意整理をしないでも返せる人に対しては、ちゃんと返してください、と言われるだけです。おまとめローンなど、一般的な返済計画に関する相談で良いでしょう。

 

踏み込んだ債務整理、個人再生

個人再生という方法を使うと、借金が10%から20%にまで減額できます。ほとんどの場合は20%になると考えるといいでしょう。これを3年から5年で返済し、終わりにするものです。業者からしても、この人はどうせ返せないし、この人に長く関わるとむしろこちらの人件費などがもったいないから、返せるだけ返してもらって、もういいよ、といった状況の人が使える方法といえます。

 

個人再生は終わらせるための方法

1000万円借りていたとしても200万円にはなるという手続きです。5年計画なら年に40万円返せばいいわけですし、またこれまで返せなかった人のためにしっかりと計画を組み、月々の返済額、収入計画などを組んでから返済が始まるわけで、まず返済できます。これでも返済ができないという場合は、自己破産ということになりますが、自己破産は持てる財産が非常に少ないなど負担が非常に大きいため、個人再生で返せるならそうしたほうが良いでしょう。

 

おまとめローンに移行する基準は?

とはいえ、債務整理はしない方がよく、そのためにはできるだけ早く手を打つ、というのが重要です。消費者金融で借りている場合、額が少なければ少ないほど金利が上限ぎりぎりまで高くなる傾向にあるので、個々の額が少なくても、まとめたほうが得です。

 

安易に考えず、銀行カードローンに乗り換えることを検討した方がいいかもしれません。50万円程度での乗り換えでも、金利的に月々2000円ほど楽になるとも言われています。返済というのは月々の積み重ねです。額が低いうちになら審査も通りやすいので良いでしょう。

 

消費者金融と消費者金融を一本化する場合、基準は100万円

消費者金融同士で考えるなら、数十万円の範囲では、まとめても、まとめなくても、どちらにしても年間の利息はあまり変化がないということが多いです。ですから、まとめたところで利息が劇的に変わるかというとそうでもありません。

 

ただ、まとめておくと、あちらの返済、こちらの返済、と振り回されることもなく、また書類がたくさんあって見るたびに気持ちが沈む、といったこともなくなるので、手続自体は面倒くさくても、その後の手間はかからなくなると考えると、楽にはなります。まとめるメリットというのは、金利、手数料だけでなく、心理的負担、身体的な負担ということを考え、総合的な判断をすると良いでしょう。

スピード重視派のキャッシング一覧

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日