毎月の光熱費をキャッシングで乗り切る

小額キャッシングを有効活用する事で生活を支えてくれるものであり、延滞や滞納をしてしまうと遅延金請求や信用情報に傷が付きますが、正しい方法で活用すると有利に生活が出来ます。

 

例えば光熱費分をキャッシングで補填する事で、その分生活を楽にする方法もあり、冷暖房を使う時期は光熱費負担の代表にもなりえるものですから、フリーターのように収入が少ない方にとって月々2.3万円足りないという事はあるでしょう。

 

光熱費分だけの補填をキャッシングで行って繰り返すというのは、手数料負担も考慮すればそれ程の負担ではなく、こうした自転車キャッシングで乗り越えるのは、利点を掴めば有効と言えるものです。

 

ライフライン停止よりはキャッシング選択が有効

キャッシングのような借金は行う事無く生活出来る事が望ましいですが、借金負担について知った上で生活を楽に出来るならば、借金時手数料を払ってでもキャッシングする価値はあります。

 

2万円程度の少額キャッシングの場合は、元金が少ないですから利息負担も小さく、一ヶ月借りても利息負担は「300円程度」で済みます。

 

この程度の負担の場合は無駄に使っている方も多いですし、光熱費を払えずにライフラインストップを喰らうならば、キャッシングを小額行って補填した方が有利です。

 

ストレスは借金を行うかどうかの判断基準の1つ

小額キャッシングにおける利息負担は小さいものであり、光熱費を払えずにストップされる事を考えれば、2万円程度の借金は有効であり、利息負担の300円程度を払う事によって精神的なダメージを回避出来ます。借金は行わない方が良いにしても、借金を行った方が良い場面というのはあり、借金を行う判断基準の1つとしてはストレスがあります。

 

ストレス負担は血管収縮や皮脂分泌を引き起こし、さらに老化促進等にも繋がる反応ですから、お金が足りない事によって起こる影響を考慮して、キャッシング負担額を払う事でストレス緩和出来ればメリットが大きいと考えられるものです。

 

心身への負担軽減にもなり、大きな借り入れの場合は利息負担も大きくなって余計なストレスにもなりますが、光熱費負担を賄う程度の金額ならばバイトでも行えばいざという時に完済出来ます。悩んで生活リズムが変わってしまうよりも、手数料負担によって気楽に過ごせるならば、キャッシングを申告に捉えず借金選択する事も有効です。

 

フリーターでもカードローン審査クリアは可能

借金を行う時には返済能力のチェックがあり、当然ながら返済能力が高いと判定される高収入で安定職業の方は有利に運びます。しかし、フリーターがカードローン審査に通らない事は無く、キャッシング審査においてフリーターは審査クリア出来る属性と言えるものです。

 

大きなローンを組んだり、好条件の低金利キャッシングを銀行で行う場合は別としても、少額キャッシング程度ならば収入の流れがあるというだけでも評価され、フリーターでもバイト収入があれば小額キャッシングを受ける事が出来ます。銀行のように審査基準が厳しい傾向にある所でも、契約範疇で審査クリア出来る可能性もあるでしょう。

 

在籍期間が長くて安定した収入があればフリーターは借金は簡単

一人暮らしを行っているフリーターの多くはフルタイム勤務で生活を支えており、こうしたフルタイムフリーターは在籍期間の長さや安定した収入を持っている傾向にあります。こうしたフルタイムフリーターはカードローン審査をクリア出来る可能性は高く、少額キャッシングならば尚更審査クリア出来る可能性が高いです。

 

消費者金融の場合は総量規制の関係から「年収3分の1まで」借金可能であり、多くの業者では初回10万円から30万程度の融資からスタートし、返済実績を積み重ねていけば枠を広げていけます。光熱費負担の月額2.3万程度の利用ならば、問題無く行える範疇という事です。

 

レイクでは5万円以下キャッシングは無利息利用出来る

毎月常に2.3万円借りるというのではなく、1回だけ光熱費補填を行いたいという場合には、初借り入れ時だけ5万円以下のキャッシングは無利息になるレイクはおすすめ業者であり、「初回のみ180日間5万円まで利息ゼロ」といった設定で融資を行ってもらえます。

 

これは収入が少ない方でも助かるサービスであり、急な出費が必要だったり支払ピンチな場合に活用すると有利でしょう。

 

無利息キャッシングの返済期間を過ぎてしまった場合

無利息キャッシングはレイク以外にも扱っている業者もあり、それぞれが金額や期間に無利息設定があり、期間以内に返済出来ない場合は追加利息が高額発生すると勘違いしている方も多いです。

 

期間内返済出来なくても利息負担が一気に増えるのではなく、単純に期間を過ぎれば業者設定の年利に基づいたリスクがカウントされるだけの事です。ですから無利息期間分の利息を遡って請求されるわけでも無いですから、計画的に利用する事が望ましいと言えます。

 

他業者の無利息サービスも有効

レイクだけではなく、他の業者の無利息キャッシングも着目する事が有効であり、大手消費者金融のアコムやプロミスでは30日間無利息キャッシングサービスもあり、ノーローンの場合は何回目の利用でも7日間は無利息となっています。

 

他の業者にもこうしたルール設定によって無利息サービス展開している所もありますから、ルールに沿って有効にキャッシング利用すると良いでしょう。ルールを知って計画利用すればキャッシングは怖く無いですから、光熱費工面だけに限らず急な出費等でも対応して、完済を意識して利用する事が望ましく、キャッシングによってストレス軽減したり、時間を捻出出来るものです。

スピード重視派のキャッシング一覧

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日