10万円以下のキャッシングなら、消費者金融が最適な選択肢

初めてキャッシングを利用する場合には、10万円以下の少額融資がお勧めです。というのも初めてキャッシングを利用する場合には、返済実績がないために、審査が厳しくなる可能性があるからです。

 

10万円を超える融資を希望しても、審査で落とされてしまっては意味がありません。それだけではなく審査落ちした記録が信用情報に残り、次の融資を受けるのが厳しくなってしまいます。そうした審査落ちを避けるためにも、初めてキャッシングを利用する際には少額の融資を希望したほうが良いのです。

 

10万円以下の希望なら、審査に通りやすくなる

キャッシングを初めて利用する際に10万円以下の融資を希望すれば、消費者金融でも銀行カードローンでも審査に通る可能性が高くなります。10万円以下であれば、金融機関にとって貸し倒れのリスクも低く抑えられるため、審査が柔軟となるのです。

 

審査に通過するには、正社員である必要はありません。パートやアルバイトでも、安定した収入があれば問題ありません。初めてキャッシングを利用する場合には、返済事故を発生させた経験もないと判断されるため、定期収入さえあればほぼ間違いなく審査を通過できます。

 

パート・アルバイトでも利用可能なカードローン!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

各種ローンを抱えている場合は審査が厳しくなることも

定期収入があっても審査が厳しくなる場合があります。住宅ローンや自動車ローンを抱えている場合です。負担しているローン残高が多額となっている場合には、すでにローンの返済で経済的に苦しくなっている可能性もあるため、たとえ定期収入があっても審査で落とされてしまう可能性があるのです。

 

特に住宅ローンに関しては、申し込みの際に毎月の住宅ローンの支払い金額について申告する必要があります。そこで住宅ローンの支払い金額が多い場合には、返済に応じられないと判断されて審査に落とされてしまう場合があります
またこれらローンの返済において延滞を発生させ、事故記録が信用情報に残っている場合には審査で不利に働きます。

 

これら事故情報については一般に61日以上の延滞を発生させない限り記録されないこととされています。しかし軽度の延滞であっても度重なる延滞を発生させている場合には、事故情報が記録されることもあるため注意が必要です。

 

少額融資を希望するなら消費者金融が最適

10万円以下という少額融資を希望するなら銀行カードローンよりも消費者金融が最適な選択肢となります。少額であれば金利差が大きくなく、消費者金融のほうが審査に通りやすいからです。

 

また少額融資を受ける場合、お金が急に必要な場合が多いものです。そのような時、即日融資が受けられやすい消費者金融であれば、迅速に融資を受けられることができるのです。

 

消費者金融の審査は最短30分で完了

プロミスやアコムなど、大手消費者金融の審査は最短30分で完了します。審査が終了して借入金が申込者の口座に振り込まれるまでの時間を考慮しても、1時間ほどで融資手続きは完了するのです。

 

銀行カードローンは、消費者金融ほど融資までのスピードは早くありません。最短でも即日とされている場合が多いため、申し込んだその日のうちに融資を受けられない場合も多くなっており、急な出費に利用するには適していないのです。

消費者金融は審査に通りやすい

消費者金融は銀行カードローンよりも審査に通りやすいのが特徴です。『月間消費者信用』という金融業紙に掲載されている数値を参照すると、消費者金融の審査通過率は40%~45%となっています。他方、銀行カードローンの審査通過率は20%〜30%です。

 

消費者金融では申込者のほぼ半数が審査に通過できるのに対し、銀行カードローンでは消費者金融の半分ほどしか審査に通過できないのです。このように銀行カードローンでは審査が厳しめとなっています。急な出費に対応する時に、審査で落とされては元も子もありません。そこで急な出費に迫られた場合には、審査で柔軟な対応をしてもらえる消費者金融を選択することが必要となります。

 

10万円以下の借入なら、金利差が僅少となる

10万円以下の少額融資を受けるのであれば、消費者金融と銀行カードローンの金利差もほとんど生じません。たとえば10万円を1ヶ月借入した場合、消費者金融の金利が1500円程度となるのに対し、銀行カードローンは1200円程度です。たった300円程度の差しか生じないのです。

 

確かに公表されている金利によれば、消費者金融の金利は銀行カードローンよりも高い水準となっています。しかし現実には、借入金額が少なく借入期間が短ければ、金利差はそれほど表面化しません。特に、返済までの期間が短くなればなるほど、両者の金利差は縮小するのです。少額、短期の利用であるなら、サービスの利便性が高い消費者金融が最適な選択となってきます。

 

返済しやすいのも消費者金融のメリット

消費者金融では多数のATMを設置しています。銀行カードローンでもATMの設置はなされていますが、その数は消費者金融には遠く及びません。金利負担を軽減するためには早く返済することが大切です。

 

その際に重要となるのが、返済に利用できるATMの数です。ATMや提携ATMの数が多い消費者金融であれば、自由なお金を手にしたらすぐにそれを返済に充てることが可能となります。

 

返済がしやすい消費者金融であれば、こまめに返済することで結果として金利負担を軽減することも可能となります。返済しやすいのも消費者金融が優れている点なのです。

スピード重視派のキャッシング一覧

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日