消費者金融ではいくらから借り入れが可能?

消費者金融からの最少借り入れ額は、限度額にして10万円です。それ以下の金額を希望した場合でも、この10万円が最低の限度額の設定になります。

 

この限度額とは、その額まで借り入れを行えるという金額です。これは申し込みの時に希望した額や、その人の信用状況によって消費者金融が判断した額になります。この最低額が10万円になっています。

 

それ以下を希望した場合でも、30万円など高額の限度額が設定されることがあります。これはその金額までなら貸しても問題がないと判断されたということで、申し込みをした人にそれだけ信用があったということです。

 

限度額まで借り入れを行う人はありません

限度額はあくまで限度額です。その額まで必ず借り入れを行う必要はなく、その範囲で自分が必要な額だけを借り入れてください。限度額が大きいからといって必要以上に多く借り入れを行うと、その分金利も多く支払うことになるので注意してください。

 

限度額が10万円の場合、実際に借り入れを行うのは3万円でも5万円でも構いません。限度額がいくら高くでも同様に、本当に必要な額だけを借り入れてください。

 

限度額は借り入れと同様の扱いになります

ここで注意しなくてはいけないのが、限度額の設定はその人がそこまで既に借り入れを行っていると判断されてしまうことがあります。例えば限度額が10万円の場合にその範囲から3万円だけを借りていても、信用情報上では10万円の借り入れを行っていると判断されてしまいます。

 

完済をして契約を解除した場合はこの限りではありませんが、限度額を持っている状態では、他社から見た場合、その限度額まで借り入れを行っているのと同等に扱われるということです。このため、実際にはほんの1万円や2万円の借り入れしか行っていないのに、他社の審査で落とされてしまうことがあります。限度額が高いほど、この傾向が高くなります。

 

消費者金融やクレジットカードの契約の際には必ず審査がありますが、この時に既に他社で限度額を大きく持っている場合、それが元で審査に通らないことがあるということです。

 

限度額は50万円までのことが多いです

多くの消費者金融では、初回のキャッシング利用時の限度額は最大でも50万円までです。初回からそれ以上の金額を希望しても、よっぽど年収が高くない限り、審査で落とされることがほとんどです。

 

またキャッシングの審査では、まずその人の職業が大切になります。キャッシングの利用にはその人に収入があることが条件になりますが、学生やアルバイトの人の場合はまずは10万円の限度額からになることが多いです。それ以上の希望額で申し込みを行った場合、審査に通らないことがあります。

 

会社員の場合は初回から30万円の限度額が設定されることが多くなっています。これはアルバイトの人などと比べて比較的収入が多いのと、収入が安定しているからです。この職業の安定性は大事なポイントで、きちんと返済を行ってくれるかどうかの大きな判断要素になるからです。

 

現在の職場での勤続年数が長い会社員の場合、初回から50万円の限度額が設定されることがあります。これはその会社に長く勤務している人はそう簡単に辞めるとも思えないので、返済の心配が比較的少ないからです。また長く勤務してほど収入も多くなる傾向にあるので、その面でも心配がないという点もあります。

 

限度額10万円は最低のラインです

少額を希望した場合でも、限度額がそれ以上に大きく設定されることがあります。これは消費者金融が、返済に心配がない人にはできるだけ多くの融資を行いたいと考えているからです。

 

この限度額の最低ラインが10万円ということになります。10万円の限度額でも審査に通らない場合、消費者金融からの借り入れは絶望的です。職業や収入に問題がない場合、信用情報に問題があると考えていいでしょう。

 

信用情報とは、現在や今までの借り入れ状況のことで、キャッシングの審査では必ずこれをチェックします。現在他社からの借り入れがある場合はそれが原因のことがあり、また過去に返済の遅延をしたことがあるような場合はそれが原因かも知れません。この返済の遅延はキャッシングでは一番嫌われる行為です。

 

多少この信用情報に問題があった場合でも、限度額が10万円の審査であれば通ることがあります。それ以上の額を希望してもこの10万円が限度額になってしまった場合、キャッシングが行える最低ラインの信用しかないと判断されたということになります。

 

この限度額は利用状況によって増額されることがありますが、まず10万円になってしまった場合、今は本当に最低の信用しかされていないと考えてください。

 

希望額が小さいほど審査に通りやすくなります

高額を希望した場合でも、上のように融資を行える上限の限度額に設定されて審査を通ると考えている人がいると思いますが、それは少し違います。

 

これは申し込みをした消費者金融にもよりますが、例えば50万円の借り入れを希望してその額では審査に通らなかった場合、限度額が30万円なら審査を通るようなことと、そのまま落とされてしまうことがあります。このため、希望額は少ないに越したことはありません。無理に高額の申し込みをせず、必要な額だけを希望してください。

 

100万円未満の借り入れでは金利は変わりません

どの消費者金融でも、100万円までの借り入れにはその会社が設定している最高金利が適用されることがほとんどです。金利は借り入れ額が小さいほど高くなりますが、100万円未満では変わることはありません。

 

なので少額の限度額になってしまっても、それが原因で金利が高くなってしまう心配はありません。限度額の範囲でも同様です。本当に必要な金額だけを借り入れてください。

スピード重視派のキャッシング一覧

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日