個人用は消費者金融、事業用は銀行カードローン

自営業の方が、キャッシングを利用する際に注意すべきことは、消費者金融と銀行カードローンを選ぶ基準を考えることです。もちろん、審査に通過しやすいか通過しにくいか、という点もしっかりと考えるべきですが、それも含めて、個人用の費用として借りるのか、事業用の費用として借りるのか、ということで基準を設けた方がいいでしょう。

 

そのように考えるのには、事業用ならば多額の融資になり、個人用ならば少額の融資になるという理由があります。言わずもがなですが、大体の自営業の方ではこのようになることが普通でしょう。事業用ならば長期の借入になるでしょうから、断然金利の低い銀行カードローンを利用した方が得をしますし、多額の融資でもしてもらい易いです。逆に、消費者金融の場合は即日融資を行うハードルが低いので、すぐにお金が必要になるような、個人用の資金の方がオススメなのです。

 

急いでお金を借りたい場合なら消費者金融

消費者金融の最大のメリットは、審査も通過しやすい事と、すぐにお金を借りられることです。これを最大限に生かすのならば、当然個人用のお金を借りた方がいいでしょう。少額ですし、金利が高いと言えども、そこまで長期間の返済になることがないので、審査に通過するようなしっかりとした収入があれば返済はそれほど苦になることはありません。当然ですが、それほど金利について拘っている余裕もあまりないでしょうから、消費者金融が断然選ばれる可能性は高いでしょう。

 

ですが、中には事業用のお金でも、すぐに必要になってしまう場合もあります。銀行カードローンの長い審査を待っている余裕もない場合や、そこまでクレジットスコアが良好でなく、銀行カードローンの審査に落とされてしまった場合なども考えられます。ですが、そのような場合でも消費者金融からも多額の融資を受けることは可能ですし、今回のような事業用の融資の場合でもきちんと借りられるコースが用意されているのです。

 

事業用のお金を消費者金融から借りる

事業用のコースを用意しているのは、基本的には大手消費者金融となります。利用者側からしてもしっかりど実績のある信用のできる企業ですから、その点は安心ですね。この「事業者向けローン」を用意しているのは、プロミス、アイフル、アコムの3社です。この中から選ぶことになりますが、それぞれの特性をしっかりと理解しておいてからお金を借りた方がいいでしょう。

 

まず、第一にオススメのコースだと客観的に言えるのがプロミスです。3社の中でも最も金利が安く、使い方も生活費と事業用も両方で使用可能だからです。当然のことですが、事業者向けローンとしては事業用に使って欲しい物です。ですが、事業費が足りない場合には生活費まで削らなければならない、という個人事業主の方もたくさんおられます。そのような方にとっては、生活費も借りられればかなりお得です。ですので、プロミスの場合は、事業と生活、両方をサポートするお金をしっかりと借りられるので、利用者としては非常に得をする、ということです。

 

また、このような自由さから言えば、アコムの「ビジネスサポートカードローン」が一番だと言えるでしょう。プロミスの場合は契約時に、生活費用と事業用のどちらに利用するかを表明しなければならないのですが、アコムの場合はそれをする必要が無く、利用法についてはシンプルに自由、と定められているからです。ですので、事業用に借りたお金を全く別のことに利用しても、規約上は悪くないということになるのです。

 

しかし、こちらを利用する際にはお金をきちんと自身で管理できる人の方がいいでしょう。お金にルーズな人ならば、自己破産の原因になるので、どのように使うかを自由と捉えてしまうと何をするか分かりませんので、そのような場合にはしっかりと使い方の定まっている会社のコースを利用した方がいいと言えるでしょう。

 

そして、アイフルはもっとも利用法が厳しく設定されています。アイフルの「事業用サポートプラン」は完全に事業用にしか利用しなくてはなりません。また、審査も厳しく、アイフル以外では提出書類として1期分の決算書を求められますが、こちらの場合は2期分必要となります。

 

けれども、審査が厳しかったり、使用法がしっかりと定められているのは、デメリットではありません。むしろ、これらの審査を通過し、事業用に必ず使用してくれると信用された証として、限度額いっぱいの融資額を貸してくれる場合が多いのです。ですので、本当に多額の融資を受けたいのであれば、アイフルを選んだ方が確実かと思われます。

 

銀行カードローンの方が事業用に向いているのは確か

しかし、消費者金融でお金を借りる場合、どうしても総量規制という壁にぶつかってしまうでしょう。ですので、事業に本当に必要なだけの金額を借りられる、ということは極めて難しいことになるかもしれません。ですが、銀行カードローンならば、総量規制の対象にはなりませんので、審査に通過すればしっかりとお金を借りられることでしょう。

 

また、事業専用のコースが用意されていないので、通常の銀行カードローンで融資を受ければいいので、申込みも非常に楽です。また、基本的に金利が安いので、事業用として借りるのならば、銀行カードローンの方が得をするのは確実です。ですので、事業用としてお金を借りるのならば、銀行カードローンを利用することを強くオススメします。

スピード重視派のキャッシング一覧

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日